放置せず船舶解体を行なおう!専門業者にお願い

特殊な素材が使われているもの

家電など、特殊な素材で作られているものは処分方法が決められていることが多いです。もし趣味や仕事で船舶を所有していて、古いものを処分したいのであれば、決められた規定に沿って処分しなければなりません。

船舶はどのように解体されるのかみてみよう

期間を調べる

FRP船は処分の方法が決められています。地域によって処分の方法が限られているところもあり、また持ち込みの期間も縛られていることがあるのです。専門の業者であれば一年中受け付けているところもあるので調べてみましょう。

運搬・クリーニング

専門の業者は川や海で運搬ができるようなシステムを設けているところもあるので、大きな船舶でもスムーズに運搬ができます。クレーンなどを使って陸揚げをして運搬することもあります。その後船舶解体の前に残油を抜き取ったり、きれいにします。

解体・分別

納入規格に合わせて船舶解体を行なったあとは、分別を行ないます。このとき、貴重な金属などがあれば買取をしてくれる業者もあるのです。船舶には木をはじめFRPやウレタンなどがお使われているので、分別します。

放置せず船舶解体を行なおう!専門業者にお願い

シップリサイクルの意義

古い船舶はそのまま放置してはいけません。しかも正しい方法で行なわなければならないと、シップリサイクル条約にも決められています。
船舶解体を正しく行なわなければならない理由は、環境の保護にあります。船舶には環境に重大な影響をもたらすスズやPCBも含むため、海の保全のためにも正しい船舶解体が重視されているのです。

価値がある金属もある

船舶は最小のものでもかなりの大きさがあります。そのため処分も大変な費用がかかると思われがちです。しかし、専門の業者では、船舶解体後に金属を売るところもあるのです。そういったところは廃船を買取してくれるので、処分にかかるお金も減らすことができます。自社で解体しているところなら、もっと解体にかかるコストを抑えられるため、高い査定が期待できるでしょう。

コストを考える

思ったよりも安く船舶解体をすることができることが分かりました。もし船舶をそのまま放置して、環境破壊をするコストと、専門業者に解体を頼むコストを比較して、正しい処分方法を選びましょう。

広告募集中