元気な身体づくりは内側から|サプリメントや食材など

Health and Beauty

糖鎖を働かせよう

病気の原因は運動不足や食生活の乱れまたはストレスなどと言われることがありますが、実は病気になってしまうことには糖鎖と呼ばれているものが大きく関わっているということが言われています。糖鎖というのは物質の名前で細胞内の殆どのタンパク質や脂質に産毛のように引っ付いているのです。糖鎖には免疫力の事故防衛機能と正常に戻ろうとする力の事故修復機能そして現状維持をする力の事故調整機能の3つの機能が存在します。この3つの機能が働いていることで病気になることはないのですが、正常に働かないと病気になるリスクが圧倒的に高くなっているのです。このため糖鎖は病気との関わりがあると言われていて、糖鎖を働かせるために必要な栄養素を摂取する必要が出てくるのです。

糖鎖を働かせるために必要な栄養素というのは炭水化物に含まれているグルコースと乳製品に含まれているガラクトース、そしてグルコースをもとに肝臓で作られるマンノースとフコースとキシロース、N-アセチルグルコサミンとN-アセチルガラクトサミンそしてN-アセチルノイラサミン酸が必要になります。しかしN-アセチルグルコサミンとN-アセチルガラクトサミンとN-アセチルノイラサミン酸は肝臓で作られるものですので食品から殆ど摂取することができない栄養素になっています。ですがサプリメントで簡単に摂取をすることが可能になっていますので安心して病気になるリスクを抑えることが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加